商品情報にスキップ
1 2

内モンゴル産 天日湖塩 300g

通常価格 ¥260
通常価格 セール価格 ¥260
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

遥かなる大地からの贈り物


天日湖塩は北京より北西2,000km、内モンゴル自治区吉蘭泰(ジランタイ)の湖塩から生まれたおいしい塩です。
この地は古い文献に「河流伏脈として陰潜の功がある」とかかれた場所で、ヒマラヤ山系の伏流水が大平原の岩塩の地層に湧きだし、汚染とは全く無縁の塩の湖を悠久の時間をかけて生成しています。

その地で地元の人がいのちの塩と呼んで代々大切にしてきた塩が天日湖塩です。


いい塩には甘味があります。その主役はカルシウムです。
一方でえぐみ(苦味)をだすのがマグネシウムつまりニガリです。

通常の天日塩などにはマグネシウムが多いのですが、天日湖塩にはこれが極めて少なく、逆においしさを感じさせるカルシウムが多く、ほのかな甘味とともに、雑味のないすっきりした味が特徴です。

和洋中を問わずさまざまな料理や漬け物や加工食品など、

幅広い用途に素材の味を引き立て、まろやかで奥の深い旨味を作り出します。

母なる海の豊かな恵みと、父なる大地の滋養が生きた天外天塩。

内モンゴル・吉蘭泰、大平原の塩の湖から日本の食卓へ贈る地球浪漫です。

生産地

中国 内モンゴル自治区

サイズ・内容量

300g

原材料

湖塩