日本食文化の継承 天然菌

味噌・醤油・酢・甘酒・米麹などの伝統的発酵食品は、蔵に棲みつく天然菌による発酵にこだわっています。自然界ではまだ解明されていない菌も含め、様々な菌が生息しています。その中で日本の風土に合った発酵食品を作る菌のことを天然菌と呼びます。

現代の種菌は麹菌会社が売っています。

安定して、良質な菌を確保するために化学物質の培養液や突然変異株、遺伝子組み換え株という技術を使い単一な菌を人工的に培養しています。

そのため、生理活性物質がなく、旨味や見栄えを良くするために様々な物を添加します。

一方で、天然菌は自然の営みの中で、様々な菌がバランスを取りながらゆっくりと発酵するため、時間や手間がかかります。

自然の営みを活かした本来あるべき姿の天然菌

この日本の伝統文化を私たちは後世に残すために天然菌を広めています。